万葉集 第16巻 3830番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3830番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3830番歌

第16巻
歌番号 3830番歌
作者 長意吉麻呂
題詞 詠玉掃鎌天木香棗歌
原文 玉掃 苅来鎌麻呂 室乃樹 與棗本 可吉将掃為
訓読 玉掃刈り来鎌麻呂むろの木と棗が本とかき掃かむため
かな たまばはき かりこかままろ むろのきと なつめがもとと かきはかむため
英語(ローマ字) TAMABAHAKI KARIKOKAMAMARO MURONOKITO NATSUMEGAMOTOTO KAKIHAKAMUTAME
玉掃(たまばはき)を刈り取って来いよ、鎌麻呂君。むろとなつめの木の下を箒で掃くから。
左注
校異
用語 雑歌、物名、宴席、作者:長意吉麻呂、戯笑、即興、誦詠、植物
タイトルとURLをコピーしました