万葉集 第16巻 3818番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3818番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3818番歌

第16巻
歌番号 3818番歌
作者 河村王
題詞
原文 朝霞 香火屋之下乃 鳴川津 之努比管有常 将告兒毛欲得
訓読 朝霞鹿火屋が下の鳴くかはづ偲ひつつありと告げむ子もがも
かな あさかすみ かひやがしたの なくかはづ しのひつつありと つげむこもがも
英語(ローマ字) ASAKASUMI KAHIYAGASHITANO NAKUKAHADU SHINOHITSUTSUARITO TSUGEMUKOMOGAMO
朝霞がたなびき縁側に置いた蚊取り線香の下で鳴く蛙のように、お慕いしていますと言ってくれる娘子(をとめ)がいたらなあ。
左注 右歌二首河村王宴居之時弾琴而即先誦此歌以為常行也
校異
用語 雑歌、作者:河村王、誦詠、伝承、宴席、戯笑、恋愛
タイトルとURLをコピーしました