万葉集 第16巻 3817番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3817番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3817番歌

第16巻
歌番号 3817番歌
作者 河村王
題詞
原文 可流羽須波 田廬乃毛等尓 吾兄子者 二布夫尓咲而 立麻為所見 [田廬者多夫世<反>]
訓読 かるうすは田ぶせの本に我が背子はにふぶに笑みて立ちませり見ゆ [田廬者多夫世<反>]
かな かるうすは たぶせのもとに わがせこは にふぶにゑみて たちませりみゆ
英語(ローマ字) KARUUSUHA TABUSENOMOTONI WAGASEKOHA NIFUBUNIゑMITE TACHIMASERIMIYU
軽臼のように尻軽なあいつ。田の仮小屋のそばにいる。にんまり笑みを浮かべて周囲の女に愛嬌を振りまいて突っ立っているのが見えるのさ。
左注 (右歌二首河村王宴居之時弾琴而即先誦此歌以為常行也)
校異 也 [西(訂正右書)] 反 [類][紀][古]
用語 雑歌、作者:河村王、誦詠、伝承、宴席、戯笑、恋愛
タイトルとURLをコピーしました