万葉集 第16巻 3823番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3823番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3823番歌

第16巻
歌番号 3823番歌
作者 作者不詳
題詞 决<曰>
原文 橘之 光有長屋尓 吾率宿之 宇奈為放尓 髪擧都良武香
訓読 橘の照れる長屋に我が率ねし童女放髪に髪上げつらむか
かな たちばなの てれるながやに わがゐねし うなゐはなりに かみあげつらむか
英語(ローマ字) TACHIBANANO TERERUNAGAYANI WAGAゐNESHI UNAゐHANARINI KAMIAGETSURAMUKA
橘が照る長屋に私は連れてきた、あの放髪の童女は今頃成人しただろうか。
左注
校異 云 曰 [尼][類][古]
用語 雑歌、推敲、異伝、伝承、宴席、転用、改作、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました