万葉集 第16巻 3822番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3822番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3822番歌

第16巻
歌番号 3822番歌
作者 作者不詳
題詞 古歌曰
原文 橘 寺之長屋尓 吾率宿之 童女波奈理波 髪上都良武可
訓読 橘の寺の長屋に我が率寝し童女放髪は髪上げつらむか
かな たちばなの てらのながやに わがゐねし うなゐはなりは かみあげつらむか
英語(ローマ字) TACHIBANANO TERANONAGAYANI WAGAゐNESHI UNAゐHANARIHA KAMIAGETSURAMUKA
橘寺の長屋に私が連れてきた、あの放髪の童女は今頃成人しただろうか。
左注 右歌椎野連長年脉曰 夫寺家之屋者不有俗人寝處 亦稱若冠女曰放髪<丱>矣 然則<腹>句已云放髪<丱>者 尾句不可重云著冠之辞哉
校異 艸 丱 [類][紀][温] / 脉 [万葉集拾穂抄](塙) 説 / 腰 [西(訂正左書)] 腹[類][古][紀][細] / 艸 丱 [類][紀][温]
用語 雑歌、地名、明日香、奈良、古歌、伝承、誦詠、椎野長年、恋愛
タイトルとURLをコピーしました