万葉集 第16巻 3845番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3845番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3845番歌

第16巻
歌番号 3845番歌
作者 巨勢豊人
題詞 答歌一首
原文 造駒 土師乃志婢麻呂 白<久>有者 諾欲将有 其黒色乎
訓読 駒造る土師の志婢麻呂白くあればうべ欲しからむその黒色を
かな こまつくる はじのしびまろ しろくあれば うべほしからむ そのくろいろを
英語(ローマ字) KOMATSUKURU HAJINOSHIBIMARO SHIROKUAREBA UBEHOSHIKARAMU SONOKUROIROWO
埴輪の馬づくりの土師(はに)の志婢麻呂(しびまろ)は白かろうから、なるほどその黒色が欲しいだろうな。
左注 右歌者傳云 有大舎人土師宿祢水通字曰志婢麻呂也 於時大舎人巨勢朝臣 豊人字曰正月麻呂 与巨勢斐太朝臣[名字忘之也 嶋村大夫之男也]兩人並 此彼皃黒色焉 於是土師宿祢水通作斯歌<嗤>咲者 <而>巨勢朝臣豊人聞之 即作和歌酬咲也
校異 尓 久 [尼][類][古] / <> 嗤 [西(右書)][尼][類][紀] / <> 而 [尼][類][紀]
用語 雑歌、土師水通、巨勢斐太、作者:巨勢豊人、嘲笑、戯笑、誦詠
タイトルとURLをコピーしました