万葉集 第16巻 3844番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3844番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3844番歌

第16巻
歌番号 3844番歌
作者 土師水通
題詞 嗤咲黒色歌一首
原文 烏玉之 斐太乃大黒 毎見 巨勢乃小黒之 所念可聞
訓読 ぬばたまの斐太の大黒見るごとに巨勢の小黒し思ほゆるかも
かな ぬばたまの ひだのおほぐろ みるごとに こせのをぐろし おもほゆるかも
英語(ローマ字) NUBATAMANO HIDANOOHOGURO MIRUGOTONI KOSENOWOGUROSHI OMOHOYURUKAMO
真っ黒な斐太(ひだ)の大黒顔を見るたびに巨勢正月麻呂(こせのむつきまろ)の小黒い顔が思い浮かぶなあ。
左注 (右歌者傳云 有大舎人土師宿祢水通字曰志婢麻呂也 於時大舎人巨勢朝臣豊人字曰正月麻呂 与巨勢斐太朝臣[名字忘之也 嶋村大夫之男也]兩人並 此彼皃黒色焉 於是土師宿祢水通作斯歌<嗤>咲者 <而>巨勢朝臣豊人聞之 即作和歌酬咲也)
校異
用語 雑歌、枕詞、作者:土師水通、巨勢斐太、巨勢豊人、嘲笑、戯笑、誦詠
タイトルとURLをコピーしました