万葉集 第16巻 3843番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3843番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3843番歌

第16巻
歌番号 3843番歌
作者 穂積老人
題詞 穂積朝臣和歌一首
原文 何所曽 真朱穿岳 薦疊 平群乃阿曽我 鼻上乎穿礼
訓読 いづくにぞま朱掘る岡薦畳平群の朝臣が鼻の上を掘れ
かな いづくにぞ まそほほるをか こもたたみ へぐりのあそが はなのうへをほれ
英語(ローマ字) IDUKUNIZO MASOHOHORUWOKA KOMOTATAMI HEGURINOASOGA HANANOUHEWOHORE
どこにあるのかその朱を掘る丘は。じゃなくて、薦畳のような平群の朝臣の鼻の上を掘れ。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:穂積老人、平群広成、嘲笑、戯笑、誦詠、枕詞
タイトルとURLをコピーしました