万葉集 第16巻 3842番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3842番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3842番歌

第16巻
歌番号 3842番歌
作者 平群広成
題詞 或云 / 平群朝臣<嗤>歌一首
原文 小兒等 草者勿苅 八穂蓼乎 穂積乃阿曽我 腋草乎可礼
訓読 童ども草はな刈りそ八穂蓼を穂積の朝臣が腋草を刈れ
かな わらはども くさはなかりそ やほたでを ほづみのあそが わきくさをかれ
英語(ローマ字) WARAHADOMO KUSAHANAKARISO YAHOTADEWO HODUMINOASOGA WAKIKUSAWOKARE
子らよ。草は刈らなくていいぞ。いっぱい生えているあの穂積のおやじの腋草を刈ったらいい。
左注
校異 <> 嗤 [尼][古][紀]
用語 雑歌、作者:平群広成、穂積老人、嘲笑、戯笑、誦詠、枕詞
タイトルとURLをコピーしました