万葉集 第16巻 3811番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3811番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3811番歌

第16巻
歌番号 3811番歌
作者 車持娘子
題詞 戀夫君歌一首[并短歌]
原文 左耳通良布 君之三言等 玉梓乃 使毛不来者 憶病 吾身一曽 千<磐>破 神尓毛莫負 卜部座 龜毛莫焼曽 戀之久尓 痛吾身曽 伊知白苦 身尓染<登>保里 村肝乃 心砕而 将死命 尓波可尓成奴 今更 君可吾乎喚 足千根乃 母之御事歟 百不足 八十乃衢尓 夕占尓毛 卜尓毛曽問 應死吾之故
訓読 さ丹つらふ 君がみ言と 玉梓の 使も来ねば 思ひ病む 我が身ひとつぞ ちはやぶる 神にもな負ほせ 占部据ゑ 亀もな焼きそ 恋ひしくに 痛き我が身ぞ いちしろく 身にしみ通り むらきもの 心砕けて 死なむ命 にはかになりぬ 今さらに 君か我を呼ぶ たらちねの 母のみ言か 百足らず 八十の衢に 夕占にも 占にもぞ問ふ 死ぬべき我がゆゑ
かな さにつらふ きみがみことと たまづさの つかひもこねば おもひやむ あがみひとつぞ ちはやぶる かみにもなおほせ うらへすゑ かめもなやきそ こひしくに いたきあがみぞ いちしろく みにしみとほり むらきもの こころくだけて しなむいのち にはかになりぬ いまさらに きみかわをよぶ たらちねの ははのみことか ももたらず やそのちまたに ゆふけにも うらにもぞとふ しぬべきわがゆゑ
英語(ローマ字) SANITSURAFU KIMIGAMIKOTOTO TAMADUSANO TSUKAHIMOKONEBA OMOHIYAMU AGAMIHITOTSUZO CHIHAYABURU KAMINIMONAOHOSE URAHESUゑ KAMEMONAYAKISO KOHISHIKUNI ITAKIAGAMIZO ICHISHIROKU MINISHIMITOHORI MURAKIMONO KOKOROKUDAKETE SHINAMUINOCHI NIHAKANINARINU IMASARANI KIMIKAWAWOYOBU TARACHINENO HAHANOMIKOTOKA MOMOTARAZU YASONOCHIMATANI YUFUKENIMO URANIMOZOTOFU SHINUBEKIWAGAYUゑ
あなたの言葉を伝える使いもやって来ず、思い続けて病む我が身一つです。神のせいにして下さいますな。占い師を招いて亀の甲を焼いて吉凶を占ってくださるな。病の原因は恋しさから来ています。はっきりと身に染みとおり、心もちりじりに砕け、私は死ぬ身です。いまさら私の名を呼ばないで、それとも母さんの呼ぶ声かな。道の四つ辻に立って、どなたかが夕占いをする声なのかな、もう死んでゆく我が身なのに。
左注 (右傳云 時有娘子 姓車持氏也 其夫久逕年序不作徃来 于時娘子係戀傷心 沈臥痾エ 痩羸日異忽臨泉路 於是遣使喚其夫君来 而乃歔欷流な口号斯歌 登時逝歿也)
校異 歌 [西] 謌 / 盤 磐 [尼][類][紀] / <> 登 [代匠記精撰本]
用語 雑歌、枕詞、恋情、女歌、歌物語、伝承、作者:車持娘子
スポンサーリンク

解説

題詞は「夫(せ)の君に戀(こ)ひたる歌一首と短歌」という意味。夫は車持千年と思われる。「戀ひたる」は「恋する」という意味。

「さ丹つらふ」、「ちはやぶる」、「百足らず」等は枕詞になる。「玉梓の使」は「たまづさの枝にはさんだ手紙を届ける使い」という意味。「占部(うらべ)据ゑ」は「占い師を招いて」という意味。「いちしろく」は「はっきりと」という意味。「むらきもの」は「もろもろの内蔵」という意味。「八十の衢(ちまた)に」は、道の四つ辻に立って占いをすること。

左注は3813番歌の終わりに書かれているもの。

タイトルとURLをコピーしました