万葉集 第16巻 3810番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3810番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3810番歌

第16巻
歌番号 3810番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 味飯乎 水尓醸成 吾待之 代者曽<无> 直尓之不有者
訓読 味飯を水に醸みなし我が待ちしかひはかつてなし直にしあらねば
かな うまいひを みづにかみなし わがまちし かひはかつてなし ただにしあらねば
英語(ローマ字) UMAIHIWO MIDUNIKAMINASHI WAGAMACHISHI KAHIHAKATSUTENASHI TADANISHIARANEBA
上等の米を水で醸造し、じっと待っていました。が、全く甲斐がありませんでした。あなた本人が来るわけではないので。
左注 右傳云 昔有娘子也 相別其夫望戀經<年> 尓時夫君更<取>他妻 正身不来徒贈L物 因此娘子作此恨歌還酬之也
校異 無 无 [尼][類][古] / 羊 年 [類][古][紀] / 娶 取 [尼][類][古]
用語 雑歌、歌物語、物語、伝承、怨恨、恋愛、失恋、女歌
タイトルとURLをコピーしました