万葉集 第16巻 3870番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3870番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3870番歌

第16巻
歌番号 3870番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 紫乃 粉滷乃海尓 潜鳥 珠潜出者 吾玉尓将為
訓読 紫の粉潟の海に潜く鳥玉潜き出ば我が玉にせむ
かな むらさきの こがたのうみに かづくとり たまかづきでば わがたまにせむ
英語(ローマ字) MURASAKINO KOGATANOUMINI KADUKUTORI TAMAKADUKIDEBA WAGATAMANISEMU
紫色の粉潟(こがた)の海に潜る鳥、その鳥が玉をくわえて出てきたら私の玉にしてしまおう。
左注 右歌一首
校異
用語 雑歌、地名、枕詞、動物、民謡、歌謡、恋愛、譬喩
タイトルとURLをコピーしました