万葉集 第16巻 3871番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3871番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3871番歌

第16巻
歌番号 3871番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 角嶋之 迫門乃稚海藻者 人之共 荒有之可杼 吾共者和海藻
訓読 角島の瀬戸のわかめは人の共荒かりしかど我れとは和海藻
かな つのしまの せとのわかめは ひとのむた あらかりしかど われとはにきめ
英語(ローマ字) TSUNOSHIMANO SETONOWAKAMEHA HITONOMUTA ARAKARISHIKADO WARETOHANIKIME
角島(つのしま)の瀬戸のわかめは、人の中にいるときは荒々しかったけれど、私の前では柔らかいわかめ。
左注 右歌一首
校異
用語 雑歌、地名、山口、植物、民謡、歌謡、歌垣、譬喩
タイトルとURLをコピーしました