万葉集 第16巻 3857番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3857番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3857番歌

第16巻
歌番号 3857番歌
作者 作者不詳
題詞 戀夫君歌一首
原文 飯喫騰 味母不在 雖行徃 安久毛不有 赤根佐須 君之情志 忘可祢津藻
訓読 飯食めど うまくもあらず 行き行けど 安くもあらず あかねさす 君が心し 忘れかねつも
かな いひはめど うまくもあらず ゆきゆけど やすくもあらず あかねさす きみがこころし わすれかねつも
英語(ローマ字) IHIHAMEDO UMAKUMOARAZU YUKIYUKEDO YASUKUMOARAZU AKANESASU KIMIGAKOKOROSHI WASUREKANETSUMO
食事をしてもうまくなく、行ったり来たりしても落ち着かない。あかねさすあなたの心が忘れられません。
左注 右歌一首傳云 佐為王有近習婢也 于時宿直不遑夫君難遇 感情馳結係戀實深 於是當宿之夜夢裏相見 覺寤<探>抱曽無觸手 尓乃哽咽歔欷高聲吟詠此歌 因王聞之哀慟永免侍宿也
校異 採 探 [尼][紀]
用語 雑歌、枕詞、伝承、佐為王婢、遊仙窟、恋情、誦詠
タイトルとURLをコピーしました