万葉集 第16巻 3880番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3880番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3880番歌

第16巻
歌番号 3880番歌
作者 作者不詳
題詞 (能登國歌三首)
原文 所聞多祢乃 机之嶋能 小螺乎 伊拾持来而 石以 都追伎破夫利 早川尓 洗濯 辛塩尓 古胡登毛美 高坏尓盛 机尓立而 母尓奉都也 目豆兒乃<ス> 父尓獻都也 身女兒乃<ス>
訓読 鹿島嶺の 机の島の しただみを い拾ひ持ち来て 石もち つつき破り 早川に 洗ひ濯ぎ 辛塩に こごと揉み 高坏に盛り 机に立てて 母にあへつや 目豆児の刀自 父にあへつや 身女児の刀自
かな かしまねの つくゑのしまの しただみを いひりひもちきて いしもち つつきやぶり はやかはに あらひすすぎ からしほに こごともみ たかつきにもり つくゑにたてて ははにあへつや めづこのとじ ちちにあへつや みめこのとじ
英語(ローマ字) KASHIMANENO TSUKUゑNOSHIMANO SHITADAMIWO IHIRIHIMOCHIKITE ISHIMOCHI TSUTSUKIYABURI HAYAKAHANI ARAHISUSUGI KARASHIHONI KOGOTOMOMI TAKATSUKINIMORI TSUKUゑNITATETE HAHANIAHETSUYA MEDUKONOTOJI CHICHINIAHETSUYA MIMEKONOTOJI
鹿島嶺の机の島のシタダミ(小さな巻き貝)を拾い集めてきて、石でもってたたき割り、早い川で洗いすすぐ。辛い塩でごしごし揉みしだき、高坏の器に盛って机島に立て、お母さんにさしあげたのかい、めんこい(可愛い)お嬢ちゃん。お姉ちゃんの方はお父様にさしあげたのかい。
左注
校異 屓 ス [尼]
用語 雑歌、石川、地名、能登島、民謡、歌謡
タイトルとURLをコピーしました