万葉集 第16巻 3856番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3856番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3856番歌

第16巻
歌番号 3856番歌
作者 高宮王
題詞 (高宮王詠數首物歌二首)
原文 波羅門乃 作有流小田乎 喫烏 <瞼>腫而 幡幢尓居
訓読 波羅門の作れる小田を食む烏瞼腫れて幡桙に居り
かな ばらもにの つくれるをだを はむからす まなぶたはれて はたほこにをり
英語(ローマ字) BARAMONINO TSUKURERUWODAWO HAMUKARASU MANABUTAHARETE HATAHOKONIWORI
バラモンの偉い坊さんが耕してらっしゃる田の稲を食べたカラスめ、目蓋がふくれあがって旗竿にとまっているよ。
左注
校異 サ 瞼 [古][紀][矢][京]
用語 雑歌、作者:高宮王、物名、宴席、即興、動物
タイトルとURLをコピーしました