万葉集 第16巻 3807番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3807番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3807番歌

第16巻
歌番号 3807番歌
作者 作者不詳(采女)
題詞
原文 安積香山 影副所見 山井之 淺心乎 吾念莫國
訓読 安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心を我が思はなくに
かな あさかやま かげさへみゆる やまのゐの あさきこころを わがおもはなくに
英語(ローマ字) ASAKAYAMA KAGESAHEMIYURU YAMANOゐNO ASAKIKOKOROWO WAGAOMOHANAKUNI
安積山(あさかやま)の影さえ見える山の湖水の、その安積山ではないが、決して浅い心などで思いをかけたりしません。
左注 右歌傳云 葛城王遣于陸奥<國>之時國司祇承緩怠異甚 於時王意不悦 怒色顕面 雖設飲饌不肯宴樂 於是有前采女 風流娘子 左手捧觴右手持水 撃之王膝而詠此歌 尓乃王意解悦樂飲終日
校異 <> 國 [西(右書)][尼][類][古]
用語 雑歌、物語、歌物語、伝承、地名、福島県、葛城王、女歌、橘諸兄、恋愛、序詞、作者:采女
タイトルとURLをコピーしました