万葉集 第16巻 3849番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3849番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3849番歌

第16巻
歌番号 3849番歌
作者 作者不詳
題詞 Q世間無常歌二首
原文 生死之 二海乎 Q見 潮干乃山乎 之努比鶴鴨
訓読 生き死にの二つの海を厭はしみ潮干の山を偲ひつるかも
かな いきしにの ふたつのうみを いとはしみ しほひのやまを しのひつるかも
英語(ローマ字) IKISHININO FUTATSUNOUMIWO ITOHASHIMI SHIHOHINOYAMAWO SHINOHITSURUKAMO
生と死の二つの海が厭(いと)わしいので、潮が干上がった山をいつも思い描いている。
左注 (右歌二首河原寺之佛堂裏在倭琴面之)
校異
用語 雑歌、無常、厭世、仏教、須弥山、華厳経、川原寺、明日香、奈良
タイトルとURLをコピーしました