万葉集 第16巻 3850番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3850番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3850番歌

第16巻
歌番号 3850番歌
作者 作者不詳
題詞 (Q世間無常歌二首)
原文 世間之 繁借廬尓 住々而 将至國之 多附不知聞
訓読 世間の繁き刈廬に住み住みて至らむ国のたづき知らずも
かな よのなかの しげきかりほに すみすみて いたらむくにの たづきしらずも
英語(ローマ字) YONONAKANO SHIGEKIKARIHONI SUMISUMITE ITARAMUKUNINO TADUKISHIRAZUMO
世の中という煩わしい仮の宿に住みながら、そうでない国に至ろうと思うけれど、どうしていいか分からない。
左注 右歌二首河原寺之佛堂裏在倭琴面之
校異
用語 雑歌、仏教、厭世、世間虚仮、極楽、川原寺、明日香、奈良
タイトルとURLをコピーしました