万葉集 第16巻 3855番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3855番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3855番歌

第16巻
歌番号 3855番歌
作者 高宮王
題詞 高宮王詠數首物歌二首
原文 コ莢尓 延於保登礼流 屎葛 絶事無 宮将為
訓読 さう莢に延ひおほとれる屎葛絶ゆることなく宮仕へせむ
かな さうけふに はひおほとれる くそかづら たゆることなく みやつかへせむ
英語(ローマ字) SAUKEFUNI HAHIOHOTORERU KUSOKADURA TAYURUKOTONAKU MIYATSUKAHESEMU
サイカチに這いまつわるヘソカズラのように絶えることなく、宮仕えしたいものだ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高宮王、物名、宴席、即興、植物
タイトルとURLをコピーしました