万葉集 第16巻 3788番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3788番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3788番歌

第16巻
歌番号 3788番歌
作者 作者不詳
題詞 或曰 <昔>有三男同娉一女也 娘子嘆息曰 一女之身易滅如露 三雄之志難平如石 遂乃彷徨池上沈没水底 於時其壮士等不勝哀頽之至 各陳所心作歌三首 [娘子字曰<イ>兒也]
原文 無耳之 池羊蹄恨之 吾妹兒之 来乍潜者 水波将涸 [一]
訓読 耳成の池し恨めし我妹子が来つつ潜かば水は涸れなむ [一]
かな みみなしの いけしうらめし わぎもこが きつつかづかば みづはかれなむ
英語(ローマ字) MIMINASHINO IKESHIURAMESHI WAGIMOKOGA KITSUTSUKADUKABA MIDUHAKARENAMU
耳成山の池が恨めしい。あの彼女がやってきて入水するんだったら、たちまち池は干上がってほしかったのに。
左注
校異 <> 昔 [尼][類][紀] / イ [西(上書訂正)][尼][類][古]
用語 雑歌、歌語り、物語、恋愛、三男一女、悲嘆、地名、奈良、橿原
タイトルとURLをコピーしました