万葉集 第16巻 3819番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3819番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3819番歌

第16巻
歌番号 3819番歌
作者 小鯛王
題詞
原文 暮立之 雨打零者 春日野之 草花之末乃 白露於母保遊
訓読 夕立の雨うち降れば春日野の尾花が末の白露思ほゆ
かな ゆふだちの あめうちふれば かすがのの をばながうれの しらつゆおもほゆ
英語(ローマ字) YUFUDACHINO AMEUCHIFUREBA KASUGANONO WOBANAGAURENO SHIRATSUYUOMOHOYU
夕方の激しいにわか雨が降ると、春日野のススキの穂先につく白露が思い起こされる。
左注 (右歌二首小鯛王宴居之日取琴 登時必先吟詠此歌也 其小鯛王者更名置始多久美斯人也)
校異
用語 雑歌、作者:小鯛王、宴席、地名、奈良、譬喩、恋愛、伝承、誦詠、置始工、置始多久美、遊行女婦
タイトルとURLをコピーしました