万葉集 第16巻 3789番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3789番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3789番歌

第16巻
歌番号 3789番歌
作者 作者不詳
題詞 (或曰 <昔>有三男同娉一女也 娘子嘆息曰 一女之身易滅如露 三雄之志難平如石 遂乃彷徨池上沈没水底 於時其壮士等不勝哀頽之至 各陳所心作歌三首 [娘子字曰<イ>兒也])
原文 足曳之 山イ之兒 今日徃跡 吾尓告世婆 還来麻之乎 [二]
訓読 あしひきの山縵の子今日行くと我れに告げせば帰り来ましを [二]
かな あしひきの やまかづらのこ けふゆくと われにつげせば かへりきましを
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAKADURANOKO KEFUYUKUTO WARENITSUGESEBA KAHERIKIMASHIWO
山縵の子(三人の男から求婚を迫られ、困った娘)が、きょう逝ってしまうと私(三人の内の一人)に告げてくれたのなら、帰ってきたのに。
左注
校異
用語 雑歌、枕詞、植物、歌物語、物語、三男一女、悲嘆、恋愛
タイトルとURLをコピーしました