万葉集 第16巻 3876番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3876番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3876番歌

第16巻
歌番号 3876番歌
作者 作者不詳
題詞 豊前國白水郎歌一首
原文 豊國 企玖乃池奈流 菱之宇礼乎 採跡也妹之 御袖所沾計武
訓読 豊国の企救の池なる菱の末を摘むとや妹がみ袖濡れけむ
かな とよくにの きくのいけなる ひしのうれを つむやといもが みそでぬれけむ
英語(ローマ字) TOYOKUNINO KIKUNOIKENARU HISHINOUREWO TSUMUYATOIMOGA MISODENUREKEMU
豊国の企救(きく)の池に浮かぶ菱の実を摘み取ろうとして。お嬢さんの袖は濡れただろうか。
左注
校異
用語 雑歌、福岡、採菱、労働、民謡、地名
タイトルとURLをコピーしました