万葉集 第16巻 3812番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3812番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3812番歌

第16巻
歌番号 3812番歌
作者 車持娘子
題詞 (戀夫君歌一首[并短歌])反歌
原文 卜部乎毛 八十乃衢毛 占雖問 君乎相見 多時不知毛
訓読 占部をも八十の衢も占問へど君を相見むたどき知らずも
かな うらへをも やそのちまたも うらとへど きみをあひみむ たどきしらずも
英語(ローマ字) URAHEWOMO YASONOCHIMATAMO URATOHEDO KIMIWOAHIMIMU TADOKISHIRAZUMO
占い師を招いたり道の四つ辻占いをして下さるな。あの方に逢える手段など知らないのですもの。
左注 (右傳云 時有娘子 姓車持氏也 其夫久逕年序不作徃来 于時娘子係戀傷心 沈臥痾エ 痩羸日異忽臨泉路 於是遣使喚其夫君来 而乃歔欷流な口号斯歌 登時逝歿也)
校異
用語 雑歌、恋情、女歌、歌物語、伝承、作者:車持娘子
タイトルとURLをコピーしました