万葉集 第16巻 3787番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3787番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3787番歌

第16巻
歌番号 3787番歌
作者 作者不詳
題詞 (昔物有娘子 字曰櫻兒也 于時有二壮子 共誂此娘而捐生挌<競>貪死相敵 於是娘子戯欷曰 従古<来>今未聞未見一女之見徃適二門矣 方今壮子之意有難和平 不如妾死相害永息 尓乃尋入林中懸樹經死 其兩壮子不敢哀慟血泣漣襟 各陳心緒作歌二首)
原文 妹之名尓 繋有櫻 花開者 常哉将戀 弥年之羽尓 [其二]
訓読 妹が名に懸けたる桜花咲かば常にや恋ひむいや年のはに [其二]
かな いもがなに かけたるさくら はなさかば つねにやこひむ いやとしのはに
英語(ローマ字) IMOGANANI KAKETARUSAKURA HANASAKABA TSUNENIYAKOHIMU IYATOSHINOHANI
あの子の名にかかわりのある桜の花。その花が咲くと、いつもあの子が恋しくてならない。いよよいっそう強く新たな年がくるたびに。
左注
校異 開 [尼] 散
用語 雑歌、歌語り、物語、恋愛、櫻児、二男一女、悲嘆、譬喩
タイトルとURLをコピーしました