万葉集 第16巻 3854番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3854番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3854番歌

第16巻
歌番号3854番歌
作者大伴家持
題詞(嗤咲痩人歌二首)
原文痩々母 生有者将在乎 波多也波多 武奈伎乎漁取跡 河尓流勿
訓読痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻を捕ると川に流るな
かなやすやすも いけらばあらむを はたやはた むなぎをとると かはにながるな
英語(ローマ字)YASUYASUMO IKERABAARAMUWO HATAYAHATA MUNAGIWOTORUTO KAHANINAGARUNA
痩せに痩せても生きていればいいのだから、まちがっても鰻を捕ろうとして川に流されないでおくれよ。
左注右有吉田連老字曰石麻呂 所謂仁<敬>之子也 其老為人身體甚痩 雖多喫飲形以飢饉 <因>此大伴宿祢家持聊作斯歌以為戯咲也
校異漁取 [尼][類] 漁 / 教 敬 [尼][類][古] / <> 因 [西(右書)][尼][類][古]
用語雑歌、作者:大伴家持、吉田老、戯笑、嘲笑、動物
タイトルとURLをコピーしました