万葉集 第16巻 3803番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3803番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3803番歌

第16巻
歌番号 3803番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 昔者有壮士與美女也[姓名未詳] 不告二親竊為交接 於時娘子之意欲親令知 因作歌詠送與其夫歌曰
原文 隠耳 戀<者>辛苦 山葉従 出来月之 顕者如何
訓読 隠りのみ恋ふれば苦し山の端ゆ出でくる月の顕さばいかに
かな こもりのみ こふればくるし やまのはゆ いでくるつきの あらはさばいかに
英語(ローマ字) KOMORINOMI KOFUREBAKURUSHI YAMANOHAYU IDEKURUTSUKINO ARAHASABAIKANI
密かに恋仲でいるのは苦しい。山の端から出てくる月のように、そろそろ表沙汰にしてはどうかしら。
左注 右或云 男有答歌者 未得探求也
校異 <> 者 [類][古][温] / 歌 [西] 謌
用語 雑歌、物語、歌物語、密会、婚姻、女歌、人目、作者:娘子
タイトルとURLをコピーしました