万葉集 第16巻 3825番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3825番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3825番歌

第16巻
歌番号 3825番歌
作者 長意吉麻呂
題詞 詠行騰蔓菁食薦屋a歌
原文 食薦敷 蔓菁煮将来 a尓 行騰懸而 息此公
訓読 食薦敷き青菜煮て来む梁にむかばき懸けて休むこの君
かな すごもしき あをなにてこむ うつはりに むかばきかけて やすむこのきみ
英語(ローマ字) SUGOMOSHIKI AWONANITEKOMU UTSUHARINI MUKABAKIKAKETE YASUMUKONOKIMI
食事用のむしろに青菜を煮てもってきて下され。棟木にむかばきを掛けて休んでおられるこの君に。
左注
校異
用語 雑歌、物名、宴席、作者:長意吉麻呂、戯笑、即興、誦詠、植物
タイトルとURLをコピーしました