万葉集 第16巻 3804番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3804番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3804番歌

第16巻
歌番号 3804番歌
作者 作者不詳
題詞 昔者有壮士 新成婚礼也 未經幾時忽為驛使被遣遠境 公事有限會期無日 於是娘子 感慟悽愴沈臥疾エ 累<年>之後壮士還来覆命既了 乃詣相視而娘子之姿容疲羸甚異言語哽咽 于時壮士哀嘆流涙裁歌口号 其歌一首
原文 如是耳尓 有家流物乎 猪名川之 奥乎深目而 吾念有来
訓読 かくのみにありけるものを猪名川の沖を深めて我が思へりける
かな かくのみに ありけるものを ゐながはの おきをふかめて わがもへりける
英語(ローマ字) KAKUNOMINI ARIKERUMONOWO ゐNAGAHANO OKIWOFUKAMETE WAGAMOHERIKERU
こんなにやつれ果てているとも知らず、私は猪名川(いながわ)の川底深くそなたが変わらぬと思いこんでいた。
左注
校異 羊 年 [類][古][紀] / 歌 [西] 謌
用語 雑歌、歌物語、物語、悲別、地名、兵庫、挽歌、怨恨
タイトルとURLをコピーしました