万葉集 第16巻 3883番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3883番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3883番歌

第16巻
歌番号 3883番歌
作者 作者不詳
題詞 (越中國歌四首)
原文 伊夜彦 於能礼神佐備 青雲乃 田名引日<須>良 X曽保零 [一云 安奈尓可武佐備]
訓読 弥彦おのれ神さび青雲のたなびく日すら小雨そほ降る [一云 あなに神さび]
かな いやひこ おのれかむさび あをくもの たなびくひすら こさめそほふる [あなにかむさび]
英語(ローマ字) IYAHIKO ONOREKAMUSABI AWOKUMONO TANABIKUHISURA KOSAMESOHOFURU [ANANIKAMUSABI]
伊夜彦山は自分自身がご神体でいらっしゃるから、神々しく青雲(晴れ間がち)のたなびく日ですら小雨がそぼ降ります。
左注
校異 <> 須 [代匠記精撰本]
用語 雑歌、越後、新潟、地名、神事、歌謡
タイトルとURLをコピーしました