万葉集 第16巻 3837番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3837番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3837番歌

第16巻
歌番号 3837番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 久堅之 雨毛落奴可 蓮荷尓 渟在水乃 玉似<有将>見
訓読 ひさかたの雨も降らぬか蓮葉に溜まれる水の玉に似たる見む
かな ひさかたの あめもふらぬか はちすばに たまれるみづの たまににたるみむ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMEMOFURANUKA HACHISUBANI TAMARERUMIDUNO TAMANINITARUMIMU
久々に雨でも降ってくれないかな。蓮の葉に溜まって水が玉をなすのが見たいものだ。
左注 右歌一首傳云 有右兵衛[姓名未詳] 多能歌作之藝也 于時府家備設酒食 饗宴府官人等 於是饌食盛之皆用荷葉 諸人酒酣歌N駱驛 乃誘兵衛云 <關>其荷葉而作<歌>者 登時應聲作斯歌也
校異 将有 有将 [代匠記初稿本] / 歌 [西] 哥 / 歌 [西] 哥 / 開 關 [温] / 此歌 歌[尼][類][古]
用語 雑歌、枕詞、宴席、誦詠、物名、即興、伝承
タイトルとURLをコピーしました