万葉集 第16巻 3833番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3833番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3833番歌

第16巻
歌番号 3833番歌
作者 境部王
題詞 境部王詠數種物歌一首 [穂積親王之子也]
原文 虎尓乗 古屋乎越而 青淵尓 鮫龍取将来 劒刀毛我
訓読 虎に乗り古屋を越えて青淵に蛟龍捕り来む剣太刀もが
かな とらにのり ふるやをこえて あをふちに みつちとりこむ つるぎたちもが
英語(ローマ字) TORANINORI FURUYAWOKOETE AWOFUCHINI MITSUCHITORIKOMU TSURUGITACHIMOGA
虎にまたがり古屋(ふるや)を飛び越えて青い淵に棲む蛟龍(みづち)を生け捕りできる、そんな剣太刀があったらなあ。
左注
校異
用語 雑歌、動物、作者:境部王、物名、宴席、即興、穂積王、誦詠
タイトルとURLをコピーしました