万葉集 第14巻 3571番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3571番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3571番歌

第14巻
歌番号 3571番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於能豆麻乎 比登乃左刀尓於吉 於保々思久 見都々曽伎奴流 許能美知乃安比太
訓読 己妻を人の里に置きおほほしく見つつぞ来ぬるこの道の間
かな おのづまを ひとのさとにおき おほほしく みつつぞきぬる このみちのあひだ
英語(ローマ字) ONODUMAWO HITONOSATONIOKI OHOHOSHIKU MITSUTSUZOKINURU KONOMICHINOAHIDA
自分の妻を他人が住む里に置いてきて、ぼんやりと思い出しつつやってきた、この間の道を。
左注
校異
用語 東歌、相聞、防人、望郷、不安、恋情
タイトルとURLをコピーしました