万葉集 第14巻 3542番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3542番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3542番歌

第14巻
歌番号 3542番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 <佐>射礼伊思尓 古馬乎波佐世弖 己許呂伊多美 安我毛布伊毛我 伊敝<能>安多里可聞
訓読 さざれ石に駒を馳させて心痛み我が思ふ妹が家のあたりかも
かな さざれいしに こまをはさせて こころいたみ あがもふいもが いへのあたりかも
英語(ローマ字) SAZAREISHINI KOMAWOHASASETE KOKOROITAMI AGAMOFUIMOGA IHENOATARIKAMO
小石の上を馬を走らせるとけつまづくので心が痛む。そのようにしきりに胸が高まる。いよいよ彼女の家に近づいてきたようだ。あそこは彼女の家のあたりかも。
左注
校異 伊 佐 [西(訂正右書)][元][類][紀] / 乃 能 [元][類]
用語 東歌、相聞、動物、恋愛、妻問い
タイトルとURLをコピーしました