万葉集 第14巻 3541番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3541番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3541番歌

第14巻
歌番号 3541番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安受倍可良 古麻<能>由胡能須 安也波刀文 比<登>豆麻古呂乎 麻由可西良布母
訓読 あずへから駒の行ごのす危はとも人妻子ろをまゆかせらふも
かな あずへから こまのゆごのす あやはとも ひとづまころを まゆかせらふも
英語(ローマ字) AZUHEKARA KOMANOYUGONOSU AYAHATOMO HITODUMAKOROWO MAYUKASERAFUMO
崖の辺りを馬が行くのは危なっかしい。そのように人妻のあの子に近づくのは危なっかしいが、それでも一度は逢ってみたいものだ。
左注
校異 乃 能 [元][類] / 等 登 [元][類]
用語 東歌、相聞、動物、序詞、訓義未詳、恋愛
タイトルとURLをコピーしました