万葉集 第14巻 3394番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3394番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3394番歌

第14巻
歌番号 3394番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 左其呂毛能 乎豆久波祢呂能 夜麻乃佐吉 和須<良>許婆古曽 那乎可家奈波賣
訓読 さ衣の小筑波嶺ろの山の崎忘ら来ばこそ汝を懸けなはめ
かな さごろもの をづくはねろの やまのさき わすらこばこそ なをかけなはめ
英語(ローマ字) SAGOROMONO WODUKUHANERONO YAMANOSAKI WASURAKOBAKOSO NAWOKAKENAHAME
着物の裾を広げたような小筑波(をづくは)嶺の山の出鼻のような、美しいお前が忘れられるものならお前のことを心に懸ける(心配する)ものか。
左注 (右十首常陸國歌)
校異 良延 良 [元][類]
用語 東歌、相聞、茨城県、地名、筑波山、別離、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました