万葉集 第14巻 3501番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3501番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3501番歌

第14巻
歌番号 3501番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安波乎呂能 乎呂田尓於波流 多波美豆良 比可婆奴流奴留 安乎許等奈多延
訓読 安波峰ろの峰ろ田に生はるたはみづら引かばぬるぬる我を言な絶え
かな あはをろの をろたにおはる たはみづら ひかばぬるぬる あをことなたえ
英語(ローマ字) AHAWORONO WOROTANIOHARU TAHAMIDURA HIKABANURUNURU AWOKOTONATAE
安波の峰の山田に生える蔓草のように、引けばずるずる寄ってくるように、私と連絡を絶やさないでほしい。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、千葉県、植物、序詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました