万葉集 第14巻 3524番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3524番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3524番歌

第14巻
歌番号 3524番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 麻乎其母能 布能<末>知可久弖 安波奈敝波 於吉都麻可母能 奈氣伎曽安我須流
訓読 まを薦の節の間近くて逢はなへば沖つま鴨の嘆きぞ我がする
かな まをごもの ふのまちかくて あはなへば おきつまかもの なげきぞあがする
英語(ローマ字) MAWOGOMONO FUNOMACHIKAKUTE AHANAHEBA OKITSUMAKAMONO NAGEKIZOAGASURU
二人の間はイラクサ薦(こも)の節と節の間のように近くにいながら逢えないので、遠い沖の鴨さながらに私は嘆いている。
左注
校異 未 末 [細]
用語 東歌、相聞、植物、動物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました