万葉集 第14巻 3488番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3488番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3488番歌

第14巻
歌番号 3488番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於布之毛等 許乃母登夜麻乃 麻之波尓毛 能良奴伊毛我名 可多尓伊弖牟可母
訓読 生ふしもとこの本山のましばにも告らぬ妹が名かたに出でむかも
かな おふしもと このもとやまの ましばにも のらぬいもがな かたにいでむかも
英語(ローマ字) OFUSHIMOTO KONOMOTOYAMANO MASHIBANIMO NORANUIMOGANA KATANIIDEMUKAMO
枝の茂った若い雑木、この山の麓の雑木の柴のように暫しも彼女の名は口に出さないようにしているが、形象(かた)占いに出てしまうかなあ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、うわさ、植物、不安、恋愛
タイトルとURLをコピーしました