万葉集 第14巻 3489番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3489番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3489番歌

第14巻
歌番号 3489番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安豆左由美 欲良能夜麻邊能 之牙可久尓 伊毛呂乎多弖天 左祢度波良布母
訓読 梓弓欲良の山辺の茂かくに妹ろを立ててさ寝処払ふも
かな あづさゆみ よらのやまへの しげかくに いもろをたてて さねどはらふも
英語(ローマ字) ADUSAYUMI YORANOYAMAHENO SHIGEKAKUNI IMOROWOTATETE SANEDOHARAFUMO
欲良(よら)の山辺の茂った場所にあの子を立たせ待ってもらって、共寝の場所を雑木を払って確保するため。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました