万葉集 第14巻 3538番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3538番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3538番歌

第14巻
歌番号 3538番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比呂波之乎 宇馬古思我祢弖 己許呂能未 伊母我理夜里弖 和波己許尓思天
訓読 広橋を馬越しがねて心のみ妹がり遣りて我はここにして
かな ひろはしを うまこしがねて こころのみ いもがりやりて わはここにして
英語(ローマ字) HIROHASHIWO UMAKOSHIGANETE KOKORONOMI IMOGARIYARITE WAHAKOKONISHITE
馬が広い橋を越えかねるように、心はあの子の許へ飛んでいくが、私は行きかねてここに逡巡としている。
左注 或本歌發句曰 乎波夜之尓 古麻乎波左佐氣
校異
用語 東歌、相聞、異伝、うわさ、恋情、動物

第14巻 3538S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌發句曰
原文 乎波夜之尓 古麻乎波左佐氣
訓読 小林に駒を馳ささげ
かな をばやしに こまをはささげ
英語(ローマ字) WOBAYASHINI KOMAWOHASASAGE
二人が会ったのはわずかな時間、二人の恋は富士の頂に降る吹雪のように激しく、積もり積もって絶えることはないよ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、異伝、恋情
タイトルとURLをコピーしました