万葉集 第14巻 3537番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3537番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3537番歌

第14巻
歌番号 3537番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 久敝胡之尓 武藝波武古宇馬能 波都々々尓 安比見之兒良之 安夜尓可奈思母
訓読 くへ越しに麦食む小馬のはつはつに相見し子らしあやに愛しも
かな くへごしに むぎはむこうまの はつはつに あひみしこらし あやにかなしも
英語(ローマ字) KUHEGOSHINI MUGIHAMUKOUMANO HATSUHATSUNI AHIMISHIKORASHI AYANIKANASHIMO
子馬が柵のしたから首を出して麦をやっと食べるように、やっとちらりと逢えたあの子だが、とても愛しい。
左注 或本歌曰 宇麻勢胡之 牟伎波武古麻能 波都々々尓 仁必波太布礼思 古呂之可奈思母
校異
用語 東歌、相聞、異伝、動物、序詞、恋情

第14巻 3537S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌曰
原文 宇麻勢胡之 牟伎波武古麻能 波都々々尓 仁必波太布礼思 古呂之可奈思母
訓読 馬柵越し麦食む駒のはつはつに新肌触れし子ろし愛しも
かな うませごし むぎはむこまの はつはつに にひはだふれし ころしかなしも
英語(ローマ字) UMASEGOSHI MUGIHAMUKOMANO HATSUHATSUNI NIHIHADAFURESHI KOROSHIKANASHIMO
馬が柵越に麦をちらっと食べるように、ちらりと新肌(にいはだ)に触れる機会があったが、本当に愛しい子。
左注
校異
用語 東歌、相聞、異伝、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました