万葉集 第14巻 3503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3503番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3503番歌

第14巻
歌番号 3503番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安齊可我多 志保悲乃由多尓 於毛敝良婆 宇家良我波奈乃 伊呂尓弖米也母
訓読 安齊可潟潮干のゆたに思へらばうけらが花の色に出めやも
かな あせかがた しほひのゆたに おもへらば うけらがはなの いろにでめやも
英語(ローマ字) ASEKAGATA SHIHOHINOYUTANI OMOHERABA UKERAGAHANANO IRONIDEMEYAMO
安齊可潟(あぜかがた)の潮がゆったり引いていくようにのんびり思っているなら、鮮やかなおけらの花のように顔に出るものだろうか。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、植物、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました