万葉集 第14巻 3487番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3487番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3487番歌

第14巻
歌番号 3487番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安豆左由美 須恵尓多麻末吉 可久須酒曽 宿莫奈那里尓思 於久乎可奴加奴
訓読 梓弓末に玉巻きかくすすぞ寝なななりにし奥をかぬかぬ
かな あづさゆみ すゑにたままき かくすすぞ ねなななりにし おくをかぬかぬ
英語(ローマ字) ADUSAYUMI SUゑNITAMAMAKI KAKUSUSUZO NENANANARINISHI OKUWOKANUKANU
梓弓(あづさゆみ)の弓末(ゆずゑ)に玉を巻こうと(飾り立てようと)大切にしてきたが、共寝しないままになってしまった。遠い将来のことを考え考えてきたのに。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました