万葉集 第14巻 3452番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3452番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3452番歌

第14巻
歌番号3452番歌
作者作者不詳
題詞
原文於毛思路伎 野乎婆奈夜吉曽 布流久左尓 仁比久佐麻自利 於非波於布流我尓
訓読おもしろき野をばな焼きそ古草に新草交り生ひは生ふるがに
かなおもしろき のをばなやきそ ふるくさに にひくさまじり おひはおふるがに
英語(ローマ字)OMOSHIROKI NOWOBANAYAKISO FURUKUSANI NIHIKUSAMAJIRI OHIHAOFURUGANI
趣のあるこの野は焼き払わないでおくれ。古草に新草が混じって生えて来るのも趣があるから。
左注
校異左 [元][類] 佐
用語東歌、雑歌、野焼き
タイトルとURLをコピーしました