万葉集 第14巻 3523番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3523番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3523番歌

第14巻
歌番号 3523番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 佐可故要弖 阿倍乃田能毛尓 為流多豆乃 等毛思吉伎美波 安須左倍母我毛
訓読 坂越えて安倍の田の面に居る鶴のともしき君は明日さへもがも
かな さかこえて あへのたのもに ゐるたづの ともしききみは あすさへもがも
英語(ローマ字) SAKAKOETE AHENOTANOMONI ゐRUTADUNO TOMOSHIKIKIMIHA ASUSAHEMOGAMO
坂を越えて飛んできた鶴が、ここ阿部川近辺の田んぼの水面(中)に降りているが、その鶴のように心惹かれるあの方が明日も来てくれないかなあ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、静岡県、序詞、動物、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました