万葉集 第14巻 3548番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3548番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3548番歌

第14巻
歌番号 3548番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 奈流世<呂>尓 木都能余須奈須 伊等能伎提 可奈思家世呂尓 比等佐敝余須母
訓読 鳴る瀬ろにこつの寄すなすいとのきて愛しけ背ろに人さへ寄すも
かな なるせろに こつのよすなす いとのきて かなしけせろに ひとさへよすも
英語(ローマ字) NARUSERONI KOTSUNOYOSUNASU ITONOKITE KANASHIKESERONI HITOSAHEYOSUMO
鳴り響く急流の川瀬に木屑が寄せられるように、とりわけ愛しいあの人に吸い寄せられる私だが、あの人は他の女性にももててしょうがない。
左注
校異 路 呂 [元][類]
用語 東歌、相聞、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました