万葉集 第14巻 3447番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3447番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3447番歌

第14巻
歌番号 3447番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 久佐可氣乃 安努奈由可武等 波里之美知 阿努波由加受弖 阿良久佐太知奴
訓読 草蔭の安努な行かむと墾りし道安努は行かずて荒草立ちぬ
かな くさかげの あのなゆかむと はりしみち あのはゆかずて あらくさだちぬ
英語(ローマ字) KUSAKAGENO ANONAYUKAMUTO HARISHIMICHI ANOHAYUKAZUTE ARAKUSADACHINU
荒れた草陰(くさかげ)を通して安努への道を開拓しようとしたが、安努(あぬ)には達せず、草が荒れ放題になっている。
左注
校異
用語 東歌、雑歌、植物、地名、静岡県、浮島沼、枕詞、新道、譬喩
タイトルとURLをコピーしました