万葉集 第14巻 3477番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3477番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3477番歌

第14巻
歌番号 3477番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安都麻道乃 手兒乃欲婢佐可 古要弖伊奈婆 安礼波古非牟奈 能知波安比奴登母
訓読 東路の手児の呼坂越えて去なば我れは恋ひむな後は逢ひぬとも
かな あづまぢの てごのよびさか こえていなば あれはこひむな のちはあひぬとも
英語(ローマ字) ADUMADINO TEGONOYOBISAKA KOETEINABA AREHAKOHIMUNA NOCHIHAAHINUTOMO
あの人が東国の手児の呼坂を越えて行ってしまったら、私は恋しくてならないだろうね。後に逢うだろうけれど。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、静岡県、蒲原町、羈旅、恋情
タイトルとURLをコピーしました